ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ANKタンパク質ドメイン

その他:ANKドメイン

Swi6のAnkyrin (ANK)リピート

ドメイン結合および機能

当初、少数のタンパク質に共通して見られる33アミノ酸残基の反復配列として、Breedan博士とNasmyth博士に報告された構造です。後に、ほぼ全体がこの短い反復配列で構成される、Ankyrinという名称の細胞骨格タンパク質が同定されました。現在までに、ANK​リピートは、ウイルス、原核生物および真核生物に由来する1700以上のタンパク質で同定されています。既知のANKドメインタンパク質の標的の間に共通の様式は同定されていませんが、ANKリピートは、タンパク質-タンパク質間相互作用を媒介すると考えられています。

構造の参考文献

  1. Foord, R. et al. (1999) Nat. Struct. Biol. 6(2), 157–165.

ドメインタンパク質の例

その他:ANKドメイン

結合の例

ANKドメインタンパク質 結合パートナー
53BP2 p53結合タンパク質 p53
p16 (INK4a、d) CDK阻害タンパク質 CDK6
GABPΑ 転写因子 GABPΒ-DNA
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink