ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

C1タンパク質ドメイン

リン脂質結合:C1ドメイン

ホルボールエステルに結合したPKCδのC末端C1ドメイン ()

ドメイン結合および機能

C1ドメインは、システイン残基に富む約50アミノ酸残基長で、タンパク質の膜へのリクルートに関与します。典型的には、C1ドメインはホルボールエステルまたはジアシルグリセロール (DAG) に結合しますが、これは膜局在化に必要です。ホルボールエステルに結合すると、C1ドメインの上部の表面は、このドメインに1つの連続した疎水性の表面を形成します。これにより、この部位の脂質二重膜への埋め込みが可能になり、膜の挿入が安定化されます。このドメインの中央部分には多くの塩基性アミノ酸残基があって、膜脂質の頭部と相互作用します。一方、C1ドメインの下半分の部分には、ドメインの適切な折りたたみを保つ上で重要な2つの亜鉛結合部位があります。C1ドメインを有するタンパク質の2つの主要なクラスには、プロテインキナーゼC (PKC) のアイソザイムとキメリンがあります。キメリン、あるいは「非酵素的」ホルボールエステル受容体は、そのC1ドメインを介して脂質によって調節されるRac-GAPです。

構造の参考文献

  1. Zhang, G. et al. (1995) Cell 81(6), 917–924.

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:C1ドメイン

結合の例

C1ドメインタンパク質 結合パートナー
PKCアイソフォーム (従来型と新規型) ジアシルグリセロールまたはホルボールエステル
ジアシルグリセロールキナーゼ ジアシルグリセロールまたはホルボールエステル
c-Raf Ser/Thr Kinase ジアシルグリセロールまたはホルボールエステル
n-Chimaerin Rac-GTPase Activating Protein ジアシルグリセロールまたはホルボールエステル
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink