ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

CSDタンパク質ドメイン

クロマチンのリモデリング:CSDドメイン

Swi6 CSD

ドメイン結合および機能

CSD (Chromo Shadow Domain) は40–70アミノ酸残基からなるドメインで、CD (chromodomain;クロモドメイン) を持つタンパク質のみに存在します。CSDCDは構造的に類似していますが、タンパク質間相互作用における機能が異なります。CSDにはCDの相互作用を媒介すると考えられている疎水性サッシが欠落しています。CSDは安定な二量体を形成し、相互作用のための窪みを形成します。これにより、疎水性の5アミノ酸残基のモチーフを持つパートナータンパク質とのドッキングが可能になると考えられています。

構造の参考文献

  1. Cowieson, N.P. et al. (2000) Curr. Biol. 10(9), 517–525.

ドメインタンパク質の例

クロマチンのリモデリング:CSDドメイン

結合の例

CSDドメインタンパク質 結合パートナー
Swi6 Swi6 (ホモ型の相互作用)
HP1 Ku70, Su(var)3-7
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink