ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Deathタンパク質ドメイン

アポトーシス:DEATHドメイン

FADDのDeathドメイン

ドメイン結合および機能

Deathドメイン (Death domains;DD) は80–100残基からなるモチーフで、アポトーシスのシグナル伝達に関与します。これらは、TNF (腫瘍壊死因子) 受容体スーパーファミリーのメンバーなどの膜貫通タンパク質のほか、細胞質タンパク質にもみられます。Deathドメインは、別種のタンパク質 (FADDなどのアダプタータンパク質を含む) のDeathドメインとヘテロ二量体を形成することができるため、リクルーティングモジュールとして機能します。Deathドメインの表面は、荷電アミノ酸残基によって有意に偏極するため、二量体形成は主に静電的相互作用によって起こると考えられます。結合は特異的で、二量体形成のパートナーの相補的な荷電パターンによって起こると考えられています。

構造の参考文献

  1. Jeong, E.-J. et al. (1999) J. Biol. Chem. 274(23), 16337–16342.

ドメインタンパク質の例

アポトーシス:DEATHドメイン

結合の例

TNF受容体 アダプター アダプター アダプター
Fas, TRAIL R1 FADD RIP TRADD
Fas RIP RIP RAIDD
TNF-R55 TRADD TRADD FADD
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink