ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

DEDタンパク質ドメイン

アポトーシス:DEDドメイン

FADD内のDEDドメイン

ドメイン結合および機能

DED (Death Effector Domain) ドメインは、不活性型プロカスパーゼ (システインプロテアーゼ) や、アポトーシスカスケードでカスパーゼの活性化を制御するタンパク質にみられる、タンパク質相互作用ドメインです。CARDと同様に、DEDはプロカスパーゼをTNF受容体スーパーファミリーメンバー複合体にリクルートします。このリクルートは、プロカスパーゼのDEDと、活性型TNF受容体に直接会合しているアダプター分子内のDEDの間の相互作用によって起こります。複合体形成により、プロカスパーゼの活性型への変換が可能になり、その結果、下流のカスパーゼが活性化されてアポトーシスが引き起こされます。

構造の参考文献

  1. Eberstadt, M. et al. (1998) Nature (6679)392, 941–945.

ドメインタンパク質の例

アポトーシス:DEDドメイン

結合の例

DEDドメインタンパク質 ヘテロ型結合パートナー 機能
Procaspase-8 FADD adaptor protein; Flame-1 Fas受容体によるアポトーシスの活性化
Flame-1 (aka FLIP、I-FLICE、Usurpinなど) カスパーゼ活性化阻害タンパク質 FADD; Procaspase-8 Procaspase-8活性の阻害
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink