ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

EHタンパク質ドメイン

小胞輸送:EHドメイン

Eps15の中心のEHドメイン

ドメイン結合および機能

EH(Eps15-Homology (EH) ドメインはおよそ100アミノ酸残基からなるモジュールで、元々はチロシンキナーゼの基質のEps15で同定されました。様々な証拠から、EHドメインタンパク質はおもにエンドサイトーシスと小胞輸送に関与していることが示唆されています。EHドメインは通常、NPFコアモチーフを持つペプチドを認識します。したがって、複数のEHドメインを有するタンパク質は、複数のNPFモチーフを持つタンパク質と協調的に結合する可能性があります。EHドメインタンパク質は、他の反復配列モチーフ (DFP、PXXP、コイルドコイルなど) やモジュール (SH3ドメインなど) を有しているため、エンドサイトーシスにおける足場としての機能している可能性があります。例えば、Eps 15のDPFモチーフはClathrinアダプターAP-2の構成要素であるα-adaptinのN末端にある付属領域と相互作用します。Eps15および他のEHドメインタンパク質 (Intersectin) は、GTPase のDynaminや脂質ホスファターゼのSynaptojaninのような、エンドサイトーシス関連タンパク質に結合することができます。酵母における遺伝的な解析結果は、EHドメインタンパク質のPan1がエンドサイトーシスにおいて重要であることを直接的に証明しています。

構造の参考文献

  1. De Beer, T. et al. (1998) Science 281(5381), 1357–1360.

ドメインタンパク質の例

小胞輸送:EHドメイン

結合の例

EHドメインタンパク質 結合パートナー
Eps15 Epsin、ENTHドメインを有する足場タンパク質
Eps15 Synaptojanin、 ホスファチジルイノシトール-5ホスファターゼ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink