ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

FERMタンパク質ドメイン

リン脂質結合:FERMドメイン

Ins(1、4、5)P3結合性のマウスRadixinのFERMドメイン ()

ドメイン結合および機能

以前にはB4.1 (Band4.1) Homology、ERMドメインとして知られていましたが、FERMドメインは、このドメインが最初に見出された4つのタンパク質、Band 4.1 (F)、Ezrin (E)、Radixin (R)、Moesin (M) から命名されました。FERMドメインは約150アミノ酸から成る構造で、細胞膜-細胞骨格接合部へ局在する、細胞骨格結合タンパク質にみられます。FERMドメインは、PIP2に制御されるERM (Ezrin/Radixin/Moesin) タンパク質の膜への結合を担いますが、これは、アクチンフィラメントを接着タンパク質につなぐことによって、細胞骨格を膜に結合させることになります。FERMドメインを持つアダプタータンパク質のMerlinは、がん抑制因子として機能することが知られています。FERMドメインは3つの葉 (ローブ) に分けることができ、N末端側から順に、ユビキチン、アシルCoA (acyl-CoA) 結合タンパク質、PTBドメインと類似した構造を持ちます。IP3に結合したRadixin FERMドメイン構造が解析されています。ホスホイノシチドの結合は、FERMのPHの折りたたみサブドメインによって媒介されるのではなく、このモジュールのどちらかといえば平坦な表面上にある2つのサブドメインの間の裂け目で生じています。FERMドメインはまた、細胞骨格シグナルと膜動態をつなぐために、PIP2の調節を受けて、接着タンパク質に結合すると考えられています。

構造の参考文献

  1. Hamada, K. et al. (2000) EMBO J. 19(17), 4449–4462.

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:FERMドメイン

結合の例

FERMドメインタンパク質 モチーフ 結合パートナー
Talin NPxY integrin β subunits 2
Radixin   IP3, PI(4,5)P2
ERM   PI(4,5)P2
Willin   PI(3)P, PI(4)P, PI(5)P
Moesin   PI(3)P, PI(4)P, PI(5)P
PTLP1   PI(4,5)P2
Radixin   PI(1,4,5)P3
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink