ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

FYVEタンパク質ドメイン

リン脂質結合:FYVEドメイン

PI(1,3)P2に結合したEEA1のFYVEドメイン

ドメイン結合および機能

FYVE (Fab-1、YGL023、Vps27、EEA1) ドメインは、約60-70アミノ酸残基から成る、小さなシステインに富むZn2+結合ドメインです。現在までのところ、FYVEドメインは酵母からヒトまでの300以上の異なるタンパク質で同定されています。FYVEドメインの構造は、2つのZn2+結合クラスターによって一緒に固定された2つのβヘアピンと小さなC末端のαヘリックスから成ります。FYVEドメインは、最初のβストランドの中に塩基性モチーフ (R/K)(R/K)HHCRをもち、PI(3)Pを結合する正電荷を帯びたポケットを生成します。FYVEドメインがPI(3)Pに結合すると、このドメイン内のMIL (Membrane Insertion Loop) がリン脂質二重膜を貫通します。EEA1タンパク質は、二量体化や細胞質pHの低下時に、PI(3)Pに対する親和性が増加します。FYVEドメインのPI(3)Pへの結合は、PI(3) キナーゼ下流のシグナル伝達に関与すると推察されています。このほか、FYVEをもつタンパク質は、小胞/リソソームの膜輸送経路の調節や、TGF-β受容体によるシグナル伝達の調節に関与すると言われています。

構造の参考文献

  1. Kutateladze, T and Overduin, M. (2001) Science 291(5509), 1793–1796

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:FYVEドメイン

結合の例

FYVEドメインタンパク質 結合パートナー
EEA1 (Early Endosome Antigen) PI(3)P
Hrs Putative ATPase PI(3)P
SARA (Smad Anchor for Receptor Activation) PI(3)P
FENS1 PI(3)P
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink