ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

GLUEタンパク質ドメイン

リン脂質結合:GLUEドメイン

Vps36 (EAP45) のGLUEドメイン

ドメイン結合および機能

GLUE (GRAM-Like Ubiquitin-binding in EAP45) ドメインは、樽様の構造を形成する2つの湾曲したβシートと、1つの長いαヘリックスを持つ、典型的なPHドメイン構造をとります。GLUEドメインは、構造的には分割されたPHドメインに似ていますが、ホスホイノシチドのポケットが明確にPHドメインのそれとは異なります。ESCRT (Endosomal Sorting Complex Required for Transport) 複合体の主要構成成分は、小胞輸送経路の異なる段階においてリクルートされるタンパク質群です。GLUEドメインは、PtdIns3Pに結合し、Vps36をエンドソームへ移行させるのに重要な機能を果たします。GLUEドメインのPtdIns3Pを含む小胞への結合の親和性は、およそ0.1 μMです。GLUEドメイン内部の変異は脂質の結合を阻害し、その結果、ユビキチン化されたカーゴの選別に異常が起こります。さらに、Vps36のGLUEドメインは、ユビキチンを認識する2つの内蔵されたNSFドメインを持ちます。

構造の参考文献

  1. Teo, H. et al. (2006) Cell 125(1), 99–111.

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:GLUEドメイン

結合の例

GLUE含有タンパク質 脂質結合
Vps36 PtsIns3P, PtdIns4P, PtdIns(3,4)P2, PtdIns(3,5)P2
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink