ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

GYFタンパク質ドメイン

プロリンリッチシーケンス結合:GYFドメイン

CD2のプロリンリッチなペプチドを持つ複合体におけるCD2BP2のGYFドメイン

ドメイン結合および機能

GYF​ (glycine-tyrosine-phenylalanine) ドメインは、CD2結合タンパク質CDBPにおいて、CD2尾部のプロリンに冨むペプチド配列に結合するドメインとして報告されました。GYFタンパク質はさらに2つのファミリーに分類されます:すなわち、CD2BP2型、および、SMY2型サブファミリーに分類され、後者はより短いβ1-β2ループを持つこととPPGXモチーフを認識するという特徴があります。プロリンに富むペプチドの結合ドメインとして機能するにもかかわらず、GYF折り畳み構造は、SH3やWWドメインとは構造的に無関係です。このCDBP2のGYFドメインは、CD2尾部のPPPPGHR反復配列に、比較的滑らかな凹面を介して結合します。この凹表面は、多くのGYFドメインが保存された残基を含む連続的な疎水性パッチを形成します。CDBP2に結合するその他のリガンドのクラスは、PPGWのコアモチーフを持ちます。

構造の参考文献

  1. Freud, C. et al. (2002) EMBO J. 21(22) 5985–5995.

ドメインタンパク質の例

プロリンリッチシーケンス結合:GYFドメイン

結合の例

GYDタンパク質 結合モチーフ 結合パートナー
CD2BP2 PPGW CD2
PERQ2 PPGΦ hSF1, SWAN
SMY2 PPGΦ MYO D
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink