ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

HEATタンパク質ドメイン

その他:HEATドメイン

Protein Phosphatase 2AのPR65/Aサブユニットの15 HEATモチーフ

ドメイン結合および機能

HEAT (Huntington、Elongation Factor 3​、PR65/A​、TOR) ドメインは、名前の由来にもなっている4つの異なる真核生物のタンパク質でみられます。HEATとArmadillo (ARM) リピートファミリーの類似性は、疎水性ドメインコアを形成する保存された残基に見られます。保存されたARMリピートとは対照的に、HEATリピートは、長さ、アミノ酸配列、三次元構造においてより多様化しています。HEAT反復配列ファミリーは、類似性を基に3つのクラス、IMB、AAA、ADB反復配列に分けられます。HEATをもつタンパク質には、Ran-GTP結合タンパク質Importinや、カーゴ輸送タンパク質Exportinなどがあります。相当数のHEATリピートが、eIF4Gs、p97/DAP5、Paip-1、GCN1、FRAP/mTORなどの、翻訳に関与するタンパク質にみられます。

構造

HEATドメインは、2つの逆平行αヘリックスと、共通の軸の周りに配置された2つのターンの繰り返しで構成されています。これらの反復配列は、柔軟性のあるユニット間のループにより繋がっています。HEATリピートの特徴的なモチーフは、保存された19番目のアスパラギン酸 (Asp) と25番目のアルギニン (Arg) 残基に存在します。

構造の参考文献

  1. Groves, M.R. et al. (1999) Cell 96, 99–110.
  2. Vetter, I.R. et al. (1999) Cell 97, 635–646.

ドメインタンパク質の例

その他:HEATドメイン

結合の例

  • PA200
  • Ecm29
  • PR65/A (15)
  • TOR
  • NOC3P
  • Importins β1 (19)
  • Importins β2 (18)
  • SAP155
  • Cse1, exportin (20)
  • eIF5
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink