ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

MIUタンパク質ドメイン

ユビキチン結合:MIUドメイン

ユビキチン () に結合したRabex-5のMIUドメイン

ドメイン結合および機能

MIU (Motif Interacting with Ubiquitin) ドメインは、UIMドメイン-ユビキチンの相互作用と同様の様式でユビキチンに結合しますが、MIUは逆方向にユビキチンと結合します。MIUドメインはUIMドメインと類似した構造をしており、共にユビキチン結合にはアラニン残基が決定因子として必要です。MIUを含むタンパク質は、K48結合型ポリユビキチン鎖、K63結合型ポリユビキチン鎖と結合します。Myosin VIやRabex-5のようなタンパク質にMIUドメインが存在することから、MIU​ドメインがユビキチン依存性の小胞輸送に関与する可能性が示唆されています。

構造の参考文献

  1. Penengo, L. (2006) Cell 124(6) 1183-1195.

ドメインタンパク質の例

ユビキチン結合:MIUドメイン

結合の例

MIUドメインタンパク質 結合パートナー
Myosin VI モノユビキチンとポリユビキチン
RNF168 モノユビキチンとポリユビキチン
Rabex-5 モノユビキチンとポリユビキチン
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink