ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PUF (Pumilio) タンパク質ドメイン

その他:PUF (Pumilio)

RNA () に結合したPumilioのPUFドメイン

ドメイン結合および機能

タンパク質のPUFファミリーは、酵母からヒト、植物までの生物間で高度に保存されています。すべてのPumilio/PUFタンパク質は、Pumilio homologyドメインと呼ばれる、N末端とC末端が隣り合った8回の反復配列 (サブユニット) で構成されるC末端ドメインを持ちます。Pumilio反復配列タンパク質は、標的mRNAの3’非翻訳領域と配列に特異的な相互作用を持ち、mRNA の安定性と翻訳の制御を介して、発生のさまざまな局面を調節します。個々のPumilioサブユニットは保存された3アミノ酸残基で個々のRNA塩基に接触しており、これらの繰り返し使用によって、このドメインの結合親和性と特異性が規定されます。

構造

図示されているのは、Human Pumilio (PUF) ドメインを含むタンパク質のPumilio1とRNAとが複合体を形成する構造です。8個のPumilio反復配列が、このタンパク質の凹面を使ってRNAに結合します。構造的には、これらのドメインは、Armadillo (ARM) 反復配列タンパク質、β-Catenin、Karyopherin αに似たαヘリックス反復タンパク質です。

構造の参考文献

  1. Wang, X. et al. (2002) Cell 110(4), 501–512.

ドメインタンパク質の例

その他:PUF (Pumilio)
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink