ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PXタンパク質ドメイン

リン脂質結合:PXドメイン

PI(3)P () に結合したヒトのp40phoxPXドメイン

ドメイン結合および機能

PX (Phox homology) ドメインは、約120アミノ酸残基から成るリン脂質結合ドメインです。PXドメインは250種類以上のタンパク質で見出され、その中には、NADPHオキシダーゼ複合体の構成因子であるp40phoxおよびp47phox、選別ネキシン、ホスホリパーゼD1および2、そしてキナーゼであるPI3KやCISKが含まれています。PXドメインは、N末端の3本鎖のβシートと、それに続く4つのαヘリックスから成るらせん状のサブドメインを含みます。PXドメインは、PtdIns(3)Pに優先的に結合しますが、いくつかはその他のホスホイノシチドに結合することも報告されています。PXドメインを持つタンパク質は、タンパク質の選別、小胞輸送、リン脂質代謝などを含む広範な機能に関係することが示唆されています。

構造

ホスホイノシチドとPXドメインの相互作用の構造基盤は、PI(3)Pと複合体を形成したp40phoxとVmp7pのPXドメインの構造から決定されました。すべてのPXドメインとそこに結合するホスホイノシチドとの間の相互作用には、1位のリン酸とイノシトール環が関与します。p40phoxの場合、よく保存されたK92残基と1-リン酸との間の水素結合が、このグループとの相互作用に最も重要です。Y59 (p40phox​の場合) は、PXドメインの中に脂質結合ポケットの底部を形成するため、PI(3)Pのイノシトール環をそれに対してしっかりと積み重ねることができます。すべてのPXドメインは、これと類似した部位にYまたはFのいずれかを持つため、この炭水化物-芳香環の積み重なりは、結合に共通した特徴だと思われます。

構造の参考文献

  1. Bravo, J. et al. (2001), Mol. Cell 8 (4), 829–839.

ドメインタンパク質の例

リン脂質結合:PXドメイン

結合の例

PXドメインタンパク質 結合パートナー
p40phox PI(3)P
p47phox PI(3,4)P2, PI(3)P
Vmp7 PI(3)P
SNX PI(3,5)P2, PI(4)P, PI(5)P
PLD1 PI(3,4,5)P3
CISK PI(3,4,5)P3
PI3K (クラスII)  
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink