ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

TUDORタンパク質ドメイン

クロマチンのリモデリング:TUDORドメイン

トリメチル化されたヒストンH3-K4に結合したJMJD2Aの二重TUDORドメイン

ドメイン結合および機能

TUDORドメインは、ショウジョウバエのTUDORタンパク質 (後部系の遺伝子) にみられる50アミノ酸残基の領域から同定されました。ヒトSMNのTUDORドメインの三次構造は、5つのβストランドと樽様の折り畳みから構成される、強く曲がった逆平行のβシートを形成します。このTUMORドメインは、その後、RNA結合に関与する多くのタンパク質で見出されました。TUMORドメインを含む2つのタンパク質、53BP1とJMJD2Aは、異なる折り畳み構造を持つタンデムまたは2重のTUDORドメインを含みます。これらのタンパク質の特殊な折り畳み構造は、メチル化ヒストンの認識に必要です。53BP1によるメチル化されたH3-K79の認識は、これがより高次のクロマチン構造に応答して、DNA損傷のセンサーとして関与することを示唆しています。

構造の参考文献

  1. Huyen, Y., et al (2004) Nature 432 (7015) 406–411.
  2. Huang, Y., et al (2005) Science 312 (5774) 748–751.

ドメインタンパク質の例

クロマチンのリモデリング:TUDORドメイン

結合の例

TUDORドメインタンパク質 結合パートナー
53BP1 methylated H3-K79
JMJD2A methylated H3-K4, H4-K20
SMN  
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink