ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

UIMタンパク質ドメイン

ユビキチン結合:UIMドメイン

ユビキチン () に結合したVps27のUIMドメイン

ドメイン結合および機能

UIM (Ubiquitin-Interacting Motif) モチーフは、26Sプロテアソームのユビキチン結合S5aサブユニットの相同領域として報告されました。このモチーフはモノユビキチン鎖ならびにポリユビキチン鎖と結合することができ、エンドサイトーシスやタンパク質輸送に関与する数多くのタンパク質で見出されています。UIMのモノユビキチン化された基質への結合は、ユビキチンのLys48への次のユビキチン結合を阻害することによって、ポリユビキチン鎖の形成を制限する可能性があります。興味深いことに、UIMドメインを含むいくつかのタンパク質はそれ自身がUIMドメイン依存的にユビキチン化されます。

構造

UIMドメインは疎水性残基を持つ一つのαヘリックスから構成され、これはユビキチンの保存されたLeu8-Ile44-Val70疎水性パッチと相互作用するヘリックスの内部にあります。UIM内部の酸性残基もまた、ユビキチンの塩基性残基との相互作用を介して、その結合に寄与しています。

構造の参考文献

  1. Swanson, K.A., et al. (2003) EMBO J. 22(18) 4597–4606.

ドメインタンパク質の例

ユビキチン結合:UIMドメイン

結合の例

UIMドメインタンパク質 結合パートナー
HRS モノユビキチンおよびポリユビキチン
Epsin モノユビキチンおよびポリユビキチン
Eps15 モノユビキチンおよびポリユビキチン
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink