ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Resazurin Cell Viability Kitプロトコール

次の製品の専用プロトコールです: Resazurin Cell Viability Kit #11884.

  1. Resazurin solutionを解凍し (凍結されていた場合) て37°Cまで温め、すべての成分が完全に溶けたことを確認してください。
  2. 細胞を96-ウェルプレート (底面が透明の黒色プレート) に播種してください。細胞の増殖速度に依存しますが典型的な細胞播種数は、0.02–2 x 105細胞/ウェルです。最適な細胞播種密度を決定するために、細胞数のタイトレーションが推奨されます。
  3. 実験目的に応じた細胞の生物学的処理 (例:細胞を試験化合物で1–72時間インキュベートする) を行ってください。すべてのウェルに同量の培地が入っていることを確認してください。
  4. Resazurin solutionをプレートに加えてください (ウェル内の最初の量の10%)。例えば、各ウェルに100 μLの培地を含んでいる場合は、それぞれのウェルに10 μLのResazurin solutionを加えてください。
  5. 標準的な培養条件で、プレートを1~6時間インキュベートしてください。インキュベーションの時間は、細胞の種類と数に依存します。プレートは、最適な時間設定を決定するために何度でも読み取ることができます。
  6. プレートリーダーを使用して、相対蛍光単位 (Relative Fluorescent Units:RFU) を測定してください。励起波長:530–570 nm、蛍光波長:590–620 nm。

更新:2012年2月1日

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink