ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ウェスタンブロッティング (WB) に用いる細胞溶解バッファーの選択

 

ウェスタンブロッティング (WB) にはどの細胞溶解バッファーを使用すればよいですか?さて、実験を始める前に、いくつかの質問にお答えください。例えば、標的タンパク質はどこにありますか?サンプルは何ですか?どのようなアッセイを実施しますか?

全細胞ライセートを調製する場合は、Cell Lysis Buffer、RIPA Buffer、あるいはSDS Bufferをお勧めします。Cell Lysis Bufferは優秀なバッファーであり、様々なアプリケーションに使用することができ、タンパク質を変性させてしまう強力な界面活性剤が含まれません。RIPA BufferはNP40とデオキシコール酸ナトリウムを含みます。組織抽出には一般に、より強力で核膜を可溶化することのできる、このバッファーをお勧めします。全細胞ライセートの調製にSDS Bufferを用いることもできますが、SDSはタンパク質定量アッセイに影響することもあります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink