ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

エピトランスクリプトミクスを読み解く:疾患におけるRNA修飾とRNA結合タンパク質の重要性

 

エピトランスクリプトミクスとは、細胞性RNAの転写後修飾に起因する細胞における変化を指します。RNA結合タンパク質 (RBP) はこのような転写後修飾で重要な役割を果たし、また、RNAホメオスタシスを維持するのに必要な細胞プロセスの一部もサポートします。RNA修飾とRBPの機能の根底にあるメカニズムの理解は、遺伝子調節の研究をエピジェネティクスを超えた一歩とする医学の最前線です。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink