ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

フローサイトメトリー:免疫細胞のシグナル伝達カスケードは表現型と機能を明らかにする

 

免疫療法治療は、依然としてバイオ医薬品業界の主要な研究領域となっており、創薬において極めて重要な取り組みとなっています。免疫細胞サブセットの活性を支配する細胞内シグナル伝達経路を特徴付けすることは、疾患での免疫系の役割と潜在的な治療メカニズムの理解を進めるのに非常に重要です。フローサイトメトリーは免疫細胞の機能の新しい側面を同定するための標準的技術として浮上しています。必要とされる免疫細胞の表現型の情報を提供しつつ、単一細胞レベルで細胞内シグナル伝達イベントを測定する独自の機能を備えています。

さらに、フローサイトメトリーの技術は、しばしば細胞外マーカーを調べることによって免疫細胞の表現型を決定しますが、細胞内タンパク質をフローサイトメトリーで研究するには、改善されたアプローチが必要です。このような実験は一見難しく見えるかもしれませんが、実は思ったよりも簡単です。このウェビナーでは、フローサイトメトリーを使用して希少な免疫細胞サブセットの活性と機能を明らかにするために必要となる、重要なシグナル伝達に関する知見を明らかにし、マルチプレックス化された抗体パネルを用いたフローサイトメトリーにおいて固定および透過化のプロトコールを最適化して、免疫細胞における重要な翻訳後のシグナル伝達の修飾と免疫表現型の情報を同時に検出する方法を示します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink