ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

フローサイトメトリーにおいて細胞を固定し透過化する方法

 

主に固定と透過化のステップに焦点を当てた、細胞内標的のフローサイトメトリー解析を改善するサンプル調製についての情報です。フローサイトメトリーの利用者の多くは、生細胞や固定した細胞の細胞外標識については経験が豊富かもしれません。しかし、細胞質タンパク質の発現やシグナル伝達経路に関与するタンパク質の翻訳後修飾を解析するには、抗体が細胞内の標的にアクセスできるようプロトコールに追加のステップが必要となります。固定により細胞内の高分子はクロスリンクされて標的タンパク質はその場を動かなくなり、透過化により抗体は細胞内空間にアクセスできるようになります。このビデオでは、フローサイトメトリープロトコールでの固定と透過化に用いる試薬を選択あるいは試験するとき、留意すべきいくつかの検討事項を取り上げます。  

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink