ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

免疫蛍光染色 (IF) におけるホルムアルデヒド固定とアルコール固定

 

免疫蛍光染色 (IF) において、クロスリンクを起こすアルデヒド固定剤とアルコールベースの固定剤では何が違うのでしょうか?

固定化は免疫蛍光染色プロトコールの重要なステップです。ここをクリックしてCSTのプロトコールをご覧ください。

抗体のタンパク質を検出する能力は固定によって変化しないのが理想ですが、残念ながら固定剤はエピトープに影響を及ぼし、サンプル自体の蛍光特性にも影響することがあります。そのため、抗体を使用するに当たって、固定の様々な方法を理解することが重要です。このTech Tipでは、Johnがメタノールなどアルコールベースの固定剤と、ホルムアルデヒドなどクロスリンク固定剤について、長所と短所を詳しく説明します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink