ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Learning Lab LIVE!免疫蛍光染色のエキスパート、Virginia Bain博士とのQ&A

 

このウェビナーセッションの録画では、蛍光色素分子の性質について説明し、マルチチャネルイメージング実験で考慮すべき4つの事項を紹介します。抗体、蛍光色素分子、サンプルのタイプおよび利用可能なイメージング設備を理解することによって、よりよい免疫蛍光染色の実験をデザインし、頑健で信頼性のある結果を得ることができます。

CSTの無料アプリケーションリソースのライブラリーから、免疫蛍光染色を成功させるための包括的なガイドをダウンロード

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink