ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Learning Lab LIVE!免疫蛍光染色のエキスパート、Virginia Bain博士とのイメージングのQ&A

 

免疫蛍光染色 (IF) 実験の結果は、選択する顕微鏡とイメージングシステムの種類を含むいくつかの因子により影響を受けます。Learning Lab LIVE!のこの版では、IFのエキスパート、Virginia Bain博士が、IF実験を開始する際に心に留めるべき、以下のことを含むことを議論します。

  • 様々な種類の顕微鏡とイメージング装置の能力と限界
  • 倍率の考慮
  • 広視野落射蛍光の基礎とイメージング設定
  • 共焦点顕微鏡の基礎とイメージング設定
  • 切片の厚さと、いつZスタックを使うか
  • 試薬のバリデーションとサンプルの品質の決定的な重要性

CSTの無料アプリケーションリソースのライブラリーから、免疫蛍光染色を成功させるための包括的なガイドをダウンロード

Fluorophore Considerations (蛍光色素分子に関する考慮事項) についての以前のセッションと、その他のアプリケーションについてのより多くのビデオを、Learning Lab LIVE! チャンネルページでご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink