ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

イメージングマスサイトメトリーの最適化において考慮すべきこと

 

 

演者:Noel de Miranda博士とJessica Simendinger

疾患の微小環境を理解することは、標的療法の成功のため極めて重要です。これまで複雑ながんの微小環境は、フローサイトメトリーや限定的な組織染色による単一細胞のスナップショットでしか解析できませんでした。しかし、高度なマルチプレックス解析技術によって、細胞レベルと組織レベルの両方で最大40種類のタンパク質マーカーのイメージングが可能になりました。

このウェビナーでは、がん免疫微小環境について免疫表現型を解析するのに、多次元的な方法を採用することの必要性について考えます。演者は、単一細胞アプローチではなく、組織の環境を保持する画像ベースの方法を採用することの重要性と意義についてお話しします。また、ハイプレックスなプラットフォームのため大規模な抗体パネルを構築する基本的な方法、抗体の検証を容易にする様々な技術の重要性についても述べます。

このウェビナーの内容:

  • 単一細胞アプローチとの比較して、組織構造を保持した画像ベースの方法を用いる意義。
  • イメージングマスサイトメトリーで大規模な抗体パネルを構築するのに重要な方法論。
  • ハイプレックスなプラットフォームにおいては抗体検証技術が特に重要なのは何故か。また、抗体の特異性を確認するのに単一のアッセイでは不十分なのは何故か。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink