ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

LC-MS解析用の高感度翻訳後修飾ペプチド濃縮

 

ユビキチン化、SUMO化解析における免疫沈降のバックグラウンド低減、必要サンプル量の減少、サンプル調製の単純化

演者:Alissa Nelson博士 (CSTプロテオミクス上級科学者)、Jeroen Demmers博士 ( エラスムス大学医療センター教授、Proteomics Core Center & Assoc.ディレクター)  

本ウェビナーには次の内容が含まれます

  • LC-MS解析のためのPTMペプチド濃縮法
  • ユビキチン化とSUMO化の重要性
  • 方法と結果の両面から見た、従来のPTMScanとPTMScan® HSとの違い
  • 研究室環境におけるPTMScan® HSのパフォーマンス

Cell Signaling Technology、CSTおよび PTMScanは、Cell Signaling Technology, Inc.の登録商標です。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink