ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

蛍光免疫染色 (IF) のトラブルシューティング:過剰に明るいシグナル

 

免疫蛍光染色 (IF) の画像が明るすぎると、データを解釈するのが難しい、あるいは不可能になります。このビデオでは、過剰なシグナルが意味すること、その潜在的な原因、そして解決法を説明します。固定のプロトコール、抗体のタイトレーション、洗浄ステップ、または顕微鏡の画像パラメーターを少し変化させるだけで、多くの場合結果は改善します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink