ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ウェビナー - がんを読み解く:エピジェネティクスと代謝、腫瘍形成の交差点

 

演者:Kathryn E. Wellen博士、Jason Locasale博士

DNAやヒストンタンパク質のエピジェネティック修飾は代謝性遺伝子発現を調節することが知られており、これはまた逆に代謝産物の量に影響を与えます。逆に言えば、エピジェネティックなレベルにおけるDNAやヒストンの改変の責任を担う機構は、細胞代謝から生じる代謝産物に対し高い感度を持っています。したがって、発がんと関連性のある代謝上の変化はエピジェネティック機構に影響を与え、がんの進行を相乗的に促進するフィードバックループを作り出します。このウェビナーでは、エピジェネティックスと代謝の間のクロストークにおいて責任を負うタンパク質を標的にすることにより、どのように新規の効果的ながん治療法を開発できるかを探ります。このウェビナーでは次のようなトピックを取り上げます。

  • 代謝産物によるクロマチン修飾の調節に関する主要概念と一般的機序
  • アセチル-CoAの産生におけるグルコース代謝とアセテート代謝の間の相互作用と、これが腫瘍中のヒストンアセチル化にどのように影響するか
  • 代謝とエピジェネティックスの共通部分ががんの発病にどのように影響し、どのような治療法の可能性を提示しうるか
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink