ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

全組織が透明化されたマウス脳におけるミクログリアの可視化

 

神経炎症は脳に常駐する免疫細胞であるミクログリアによって仲介されます。このビデオは、組織を透明化するプロトコールで処理し、ミクログリアを標識するためIba1/AIF-1 (E4O4W) XP® Rabbit mAb #17198で染色した、マウス全脳のレンダリングです。ミクログリア活性の特性を明らかにすることは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患に関連する神経炎症をより理解しようとしている研究者にとって極めて重要です。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink