注目情報はこちら >>

Cell Signaling Technology、市場初のIHC検証済みVISTA抗体の発売を発表

ニューヨーク– 2015年9月16日 – 抗体の世界的プロバイダーであるCell Signaling Technology, Inc. (CST) は本日、市場初のIHC検証済み抗ヒトVISTAラビットモノクローナル抗体 (mAb) の発売を発表しました。この発表は、CRI-CIMT-EATI-AACR第1回国際がん免疫療法会議 - Translating Science into Survival - (2015年9月 16日 - 19日 日、ニューヨーク州ニューヨーク市) で行われました。

VISTA (V-Domain Ig Suppressor of T Cell Activation、C10orf54、GI24、SISP1) は、T細胞の活性化と免疫応答を調節する負のチェックポイント制御タンパク質で、がん免疫分野の重要な研究対象となっています。がん細胞は免疫系による排除を回避して効率よく増殖するため、免疫抑制性の微小環境を構築します。がん免疫はこのメカニズムを抑制することで治療への応用を目指す研究領域です。

VISTA (D1L2G™) XP® Rabbit mAb #64953は、CSTの厳密な基準に従って免疫組織化学染色やウェスタンブロットなどの研究アプリケーションでヒトVISTAの検出を検証したものです。

本日の発表は、すでに販売が始まっているがん免疫分野の中心的な分子に対する一連の抗体のリリースに続くものです。これには、PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13684、PD-1 (D3W4U) Rabbit mAb #15121、CTLA-4 (D4E9I) Rabbit mAb #15119、OX40 (D1S6L) Rabbit mAb #15123、B7-H3 (D9M2L) XP® Rabbit mAb #14058、B7-H4 (D1M8I) XP® Rabbit mAb #14572があります。

「これら製品の発売は、がん免疫コミュニティーに完全なターンキーソリューションを提供する、リーディングサプライヤーとしての弊社の位置を強化するものと考えています。がん免疫の研究は、がんが進行するメカニズムを解明し、新たな治療法が開発される可能性を秘めています。この重要な研究分野の進歩の手助けとなる製品を提供できることは大きな喜びです。」とCSTの最高経営責任者 (CEO) であるMichael J. Comb博士は述べました。

CSTの主任研究員であるMatt Silver博士が2015年9月16日、水曜日の会議でこれら抗体の性能を紹介するポスター発表を行います。

CSTについて

Cell Signaling Technology (CST) は、科学者によって設立された株式非公開の家族経営の企業で、生物医学研究における高品質な研究ツールの提供に全力で取り組んでいます。CSTはマサチューセッツ州にある米国本社のほか、オランダ、中国、日本のオフィスを拠点に、世界規模で事業を展開しています。

XP®、D1L2G™、E1L3N®、Cell Signaling Technology®、CST™は、Cell Signaling Technology, Inc.の商標です。

連絡先

Cell Signaling Technology, Inc.
Rebecca J. Reppucci、MBA、+1(978)867-2382 (米国)
Director of Marketing Communications
Eメール:[保護されたメール]

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink