ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

NanoString TechnologiesとCell Signaling Technology、一連の3D Biologyアッセイの契約拡張を発表

ワシントン州シアトルおよびマサチューセッツ州ダンバース - 2016年3月10日 -トランスレーショナルリサーチと分子診断用製品のライフサイエンスツールサプライヤーであるNanoString Technologies, Inc. (NASDAQ:NSTG) と、世界的な抗体プロバイダーであるCell Signaling Technology (CST) は、NanoStringの3D Biologyタンパク質プロファイリングパネルに、CSTの高品質な検証済みの抗体を提供する契約を締結しました。3D Biologyアプリケーションにより、一回の実験で最大800種類のDNA、RNA、タンパク質標的の組み合わせを、同時に検出することができます。

この契約は、ゲノムプロファイリングのマルチプレックス解析と抗体開発の分野における先端企業を結び付け、新しいタンパク質ベースのアッセイを作り出すことで、NanoStringの3D Biology製品の提供を拡張を目指します。この契約のもと、CSTはNanoStringアッセイに用いる抗体を提供していきます。これはNanoStringのnCounter®解析システムで運用され、NanoStringによって販売されます。これらのアッセイは、疾患の分子機構を解明し、より総合的な治療戦略を開発するための強力なツールとなります。

CSTの最高科学責任者 (CSO) であるRoberto Polakiewicz博士は、「遺伝子とタンパク質発現のマルチプレックス解析は、がん患者の診断と治療法を改善する可能性を秘めています。この契約は、弊社のプラットホームコンテンツを有効化する戦略に合致しています。NanoStringとの提携は、新しいバイオマーカーと標的治療の開発を前進させるものと期待しています。」と述べました。

NanoStringの開発部上級副社長であるJoseph Beechem氏は、「CSTの高度に検証された抗体を、弊社のnCounter 3D Biologyプラットホームに取り入れ、お客様に幅広いタンパク質標的の選択肢を提供できるようになることに、大きな喜びを感じています。CSTの高品質の抗体を使用することで、正確で再現性の高いデータを積み上げることができるはずです。現在、アッセイメニューも急速に拡充しており、タンパク質のマルチプレックス定量、単一分子定量、デジタル定量によってお客様の満足度も高められると信じています」と付け加えました。

3D Biologyについて

NanoString Technologiesは、微量のサンプルからDNA、RNA、タンパク質のマルチプレックス解析可能にする、新たな製品を生み出しました。この会社の強力なデジタルバーコード化学によって、DNA、RNA、タンパク質のアッセイパネルのユニークなデザインが可能となり、様々な組み合わせで生物学的な研究を進めることができます。初の3D Biology製品であるRNA:Protein Immune Profiling Panelは2015年9月に発売され、わずか150,000個の細胞から770種の標的RNAと30種の標的タンパク質のマルチプレックス解析を可能にしています。

NanoString Technologies, Inc.について

NanoString Technologiesは、トランスレーショナルリサーチのためのライフサイエンスツールと分子診断用製品を提供しています。nCounter解析システムは、2008年の発売から多くのライフサイエンス研究に利用されており、1,000以上もの査読付き論文に引用されています。nCounter解析システムは、同時に数百種類の遺伝子、タンパク質、miRNAの発現やコピー数の多様性を簡単にプロファイリングできる費用効果の高い系です。これはバイオマーカーの探索から検証など、基礎研究からトランスレーショナルリサーチ、医療応用まで多様な研究の後押しをします。この技術は、診断にも使用されています。nCounter Dx Analysis SystemによるProsigna® Breast Cancer Prognostic Gene Signature Assayは、乳がんの遠隔再発の予後の指標としての利用が、FDA 510(k) で認可されています。さらに、多種多様ながん治療のためのコンパニオン診断試験の開発を複数のバイオ医薬品企業と共同で進めており、高精度腫瘍学にの発展に取り組んでいます。

CSTについて

Cell Signaling Technology (CST) は、博士研究者らにより設立された株式非公開の家族経営の会社で、世界最高品質の革新的な研究用および診断用の製品の提供により、生物学的な理解を加速して個別化医療を可能にすることに全力で取り組んでいます。CSTはマサチューセッツ州にある米国本社のほか、オランダ、中国、日本のオフィスを拠点に、世界規模で事業を展開しています。

連絡先

NanoString Technologies CST

Westwicke Partners、Mark Klausner付
NanoString Technologies
電話:+1(443)213-1501 (米国)
Eメール:mark.klausner@westwicke.com

Rebecca J. Reppucci (MBA)
Cell Signaling Technology, Inc.
Director of Marketing Communications
電話:+1(978)867-2382 (米国)
メール:marketingpr@cellsignal.com

Cell Signaling Technology®とCSTは、Cell Signaling Technology, Inc.の商標です。

NanoString Technologiesのロゴ、NanoString、NanoString Technologies、nCounter、3D Biology、Prosignaは、NanoString Technologies, Inc.の様々な管轄区域における登録商標または商標です。

Powered By OneLink