注目情報はこちら >>

CSTがBoston Business Journal紙によりマサチューセッツ州のトップ慈善企業として表彰されました

マサチューセッツ州ダンバース (PRWEB) - 2020年9月24日

Cell Signaling Technology, Inc. 創薬技術企業で抗体、キット、サービスのリーディングプロバイダーであるCell Signaling Technology, Inc. (CST) は、2020年9月10日日にボストンで開催された年次企業市民賞授賞式で、ボストン・ビジネス・ジャーナル (BBJ) からマサチューセッツ州のトップ企業慈善貢献者に5年連続で選出されました。CSTはマサチューセッツ州の地元慈善事業に、トップ慈善企業の71位となる、合計470,000万ドルの寄付を行いました。2020年のBBJ賞で、2019年にマサチューセッツ州の慈善団体に100,000ドル以上を寄付した上位107社が表彰されています。

20年以上にわたり、CSTのバイオ技術は、製薬企業、バイオテクノロジー企業、学術組織の研究者の信頼を得ており、CSTの成功は、私たちが生活し、働いているグローバルコミュニティに直結しています。CSTのJohn Letcherグローバル人材部門部長は、「科学者として、また市民として、私たちはお互いに地域社会、そして地球全体の重要な結びつきを無視することはできません。マサチューセッツ州内での弊社の貢献が、ボストン・ビジネス・ジャーナルに認められたことを光栄に思います」と述べています。

CSTの慈善活動は、地球、科学教育、従業員、地域社会、芸術に対する企業の社会的責任に焦点を当てた幅広い取り組みの一環です。

CSTは、未来に直面する大きな課題を乗り越えるため、科学の力を信じています。CSTは科学に注力し、世界中の人々の生活の質を向上させる、疾患に関する重要な発見を支援することが使命であると考えています。

Cell Signaling Technologyと企業寄付の詳細はこちらwww.cellsignal.com/csr

CSTについて

Cell Signaling Technology (CST) は、科学者によって設立された株式非公開の家族経営の企業で、生物医学研究における高品質な研究ツールの提供に全力で取り組んでいます。CSTはマサチューセッツ州にある米国本社のほか、オランダ、中国、日本のオフィスを拠点に、世界規模で事業を展開しています。

Cell Signaling Technology® と CST™ は、Cell Signaling Technology, Inc.の商標です。

CSTメディアおよび報道担当

Rebecca J. Reppucci (MBA)
Cell Signaling Technology, Inc.
Director of Marketing Communications
電話:978-867-2382
Eメール:[保護されたメール]

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink