ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Cell Signaling Technology、がん免疫研究用の新しいモノクローナル抗体6種の発売を発表

メリーランド州ナショナルハーバー – 2015年11月4日 –世界的な抗体プロバイダーであるCell Signaling Technology (CST) は、がん免疫研究用の新しいモノクローナル抗体 (mAb) 6種の発売を本日発表しました。この発表は、メリーランド州ナショナルハーバーで2015年11月 4日 - 8日 日に開催された、第30回Society for Immunotherapy of Cancer (SITC) 年次集会にて行われました。

CSTはPD-L2 (D7U8C) XP® Rabbit mAb #82723PD-L1 (Extracellular Domain Specific) (E1J2J) Rabbit mAb #15165PD-L1 (405.9A11) Mouse mAb #29122PD-1 (EH33) mouse mAb #43248TIM-3 (D5D5R) XP® Rabbit mAb #45208IDO (D5J4E) Rabbit mAb #86630の販売を開始しました。これらの抗体はすべてCSTの厳格な基準により検証されており、免疫組織化学染色で免疫制御に関与する標的タンパク質を特異的に認識します。

これらの抗体は、市場初のIHC検証済み抗ヒトVISTA抗体であるVISTA (D1L2G™) XP® Rabbit mAb #64953、PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13684PD-1 (D3W4U) Rabbit mAb #15121CTLA-4 (D4E9I) Rabbit mAb #15119OX40 (D1S6L) Rabbit mAb #15123B7-H3 (D9M2L) XP® Rabbit mAb #14058B7-H4 (D1M8I) XP® Rabbit mAb #14572などの、がん免疫製品ラインナップに追加されます。

本日の発表は、CST独自のXMT®とNG-XMT™技術がアメリカ食品医薬品局 (FDA) の医薬品適正製造基準 (GMP) を満たし、この技術を用いて業界最高クラスのリコンビナントラビットモノクローナル抗体の製造販売が可能になったという、2015年10月6日に行われた発表に続くものです。

「これら製品の発売は、弊社ががん免疫コミュニティーに完全なターンキーソリューションを提供することに尽力してきた成果の一環です。さらに、GMPグレードの抗体を製造する弊社の技術で、がん免疫のプロジェクトの創案から臨床応用までのトランスレーショナルリサーチをサポートしていきたいと考えています。トランスレーショナルアッセイを開発し、実験室と臨床現場の橋渡しの一助になれば、と考えています。」とCSTの最高経営責任者 (CEO) であるMichael J. Comb博士は述べました。

CSTについて

Cell Signaling Technology (CST) は、博士研究者らにより設立された株式非公開の家族経営の会社で、世界最高品質の革新的な研究用および診断用の製品の提供により、生物学的な理解を加速して個別化医療を可能にすることに全力で取り組んでいます。CSTはマサチューセッツ州にある米国本社のほか、オランダ、中国、日本のオフィスを拠点に、世界規模で事業を展開しています。

XP®、XMT®、NG-XMT™、D1L2G™、E1L3N®、Cell Signaling Technology®、CST™はCell Signaling Technology, Incの商標です。

連絡先

Rebecca J. Reppucci (MBA)
Cell Signaling Technology, Inc.
Director of Marketing Communications
電話:+1(978)867-2382 (米国)
Eメール:marketingpr@cellsignal.com

Powered By OneLink