ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Cellular Landscapes: 核

この図で、核の内部は下の部分に、細胞質は上の部分に示されています。左上から右中央にかけて、核の二重膜がのびています。この2つの細胞区画を接続するゲートキーパーである核膜孔複合体 (NPC) は、核の2層の二重膜にあります。核RNAとやリボソームなどが核から細胞質へ、細胞質タンパク質、シグナル伝達分子、脂質などがNPCを通って輸送されます。核膜の内側には核ラミナがあります。これはラミンと呼ばれる中間径フィラメントで構成されます。核内には、クロマチンが様々な大きさに描かれています。DNAとヌクレオソームがゆるく数珠状をなしているユークロマチンから、画面奥でよりコンパクトな構造を示している30 nmの繊維まで様々なレベルがあります。この核ランドスケープには、霧のようなヌクレオチド (転写と複製で使用される核酸構成要素) や重要な核タンパク質も重ねて表示しています。

この細胞ランドスケープを表示するには、JavaScriptと無料のAdobe Flash Player version 10以上が必要です。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink