ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

eIF4Eおよびp70 S6キナーゼの制御

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
eIF4Eおよびp70 S6キナーゼの制御

パスウェイの説明:

翻訳は高度に調節されたプロセスで、mTORC1-S6Kのシグナル伝達経路は、その制御において重要な役割を担っています。翻訳開始の速度は、主にeIF4Fによる5'キャップ構造の認識によって決定されています。eIF4Fは三量体タンパク質複合体で、5'キャップ構造に結合するeIF4E、リーダー配列中にある複雑な二次構造をほどくために必要なヘリカーゼeIF4A、およびmRNAのeIF3への輸送やPolyA binding protein (PABP) への結合を介したmRNAの環状化を媒介する、大きな足場タンパク質eIF4Gから成ります。eIF4Fのキャップへの結合はeIF4E binding protein (4EBP) に邪魔されます。低リン酸化状態になると、4EBPはeIF4Eと結合してeIF4Gとの結合を阻害します。しかし、成長因子や分裂促進因子、アミノ酸などの正の刺激因子の刺激を受けると、mTORC1が4EBPをリン酸化してこの阻害状態を解除します。これによってeIF4Fの形成が促進され、翻訳が開始されます。さらに、mTORC1はPDK1とともにS6キナーゼをリン酸化し、リン酸化されたS6キナーゼが翻訳に関与する多数の基質タンパク質をリン酸化します。これらには、低分子量のリボソームサブユニットであるS6、eIF4Aヘリカーゼの活性化因子であるeIF4B、 リン酸化で阻害されるeIF4A阻害因子であるPDCD4、mRNAのスプライシング因子であるSKARなどが含まれます。mTORC1伝達経路とは別に、Ras-MAPK経路も主な翻訳制御機構であり、eIF4BおよびeIF4EのMNKキナーゼを介したリン酸化を担っています。

参考文献:

この図をレビューして下さった、マサチューセッツ工科大学、ホワイトヘッド研究所 (マサチューセッツ州、ケンブリッジ) のRachel WolfsonおよびDavid Sabatini教授に感謝いたします。

作成日:2002年1月

改訂日:2014年6月

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink