ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

SAPK/JNKシグナル伝達カスケード

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
SAPK/JNKシグナル伝達カスケード

パスウェイの説明:

Stress-activated protein kinase (SAPK)/Jun amino terminal kinase (JNK) はMAPKファミリーに属し、様々な環境ストレス、炎症性サイトカイン、成長因子、GPCRアゴニストによって活性化されます。ストレスシグナルはRhoファミリーの低分子量GTPase (Rac、Rho、cdc42) によってこのカスケードに伝達されます。他のMAPKと同様、膜近位のキナーゼにはMAPKKK (例:MEKK1–4) やMixed lineage kinase (MLK) があり、それらはSAPK/JNKキナーゼであるMKK4 (SEK) やMKK7をリン酸化して活性します。また一方で、MKK4/7はGerminal center kinase (GCK) ファミリーのメンバーによって、GTPaseに非依存的に活性化されます。SAPK/JNKは核に移行して、そこで複数の転写因子の活性を制御します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のJohn Blenis教授に感謝いたします。

作成日:2002年1月

改訂日:2012年10月

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink