ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

翻訳制御

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
翻訳制御

パスウェイの説明:

新たなタンパク質の合成は高度に制御されたプロセスであり、これによって転写後の様々な刺激に対する素早い細胞応答が可能になります。9つの重要なeukaryotic translation initiation factors (eIFs) は、機能性リボソーム複合体の集合を2段階で触媒します。まず、43S開始複合体とmRNAから48S複合体を形成し、形成された複合体が60Sサブユニットと結合することで、最終的にポリペプチド鎖の形成が可能となります。多くの翻訳段階のうち、律速段階、すなわち翻訳開始は、非常に厳密に制御されています。成長因子やストレスなどといった多くの刺激因子は、特定のeIFを刺激したり、阻害したりします。開始時の制御とは独立して、ポリペプチド鎖の伸長段階で翻訳活性が弱められることもあります。例えば、Ca2+やcAMPが増加すると、AMPKを介してeukaryotic elongation factor2 (eEF2) の働きが阻害されることがあります。最後に終止コドンが認識されると、eRF1とeRF3が翻訳終結、およびリボソームの解離とリサイクリングを媒介します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、マサチューセッツ工科大学、ホワイトヘッド研究所 (マサチューセッツ州、ケンブリッジ) のRachel WolfsonおよびDavid Sabatini教授に感謝いたします。

作成日:2002年1月

改訂日:2014年6月

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink