ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

BCL6ラビットモノクローナル抗体

利点

  • 高い感度と特異性をもつ抗体で、高い信頼性を持って内在性レベルのBCL6の検出ができます。
  • 複数アプリケーションに幅広くご利用いただけます。
  • ロット間に高い一貫性をもち、再現性の高い結果が得られます。

プロトコール、使用法、感度のデータなどは、BCL6 (D4I2V) XP® Rabbit mAb #14895​の製品ページをご覧ください。

Antibody Performance

WB:新しいBCL6 (D4I2V) XP® Rabbit mAb #14895は、他社抗体と比較して、内在性レベルのBCL6をより特異的に検出します。

BCL6ラビットモノクローナルのウェスタンブロッティング

ローディングコントロールとしてBCL6 (D4I2V) XP® Rabbit mAb #14895 (左)、他社のBCL6マウスモノクローナル抗体 (中央)、β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (右) を用いた、様々な細胞株ライセートのウェスタンブロット解析。

  • CSTのBCL6 (D4I2V) XP® Rabbit mAb #14895は、BCL6陽性細胞株 (Ramos、Daudi、MCF7、HeLa) では適切な分子量範囲でシグナルを検出し、BCL6陰性の細胞 (Jurkat) ではバンドは検出されません。これは#14895​がBCL6に対して特異的であることを示しています。
  • 他社のBCL6マウスモノクローナル抗体は、Ramos細胞株において低いシグナルを検出し、BCL6陽性のDaudi、MCF7、HeLa細胞株ではほんのわずかなシグナルのみを検出します。さらに、BCL6陽性のHeLa細胞株では、非特異的バンドが確認されます。他社のBCL6マウスモノクローナル抗体は、CSTの#14895よりも、BCLへの特異性と感度がともにより低いものでした。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink