ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

CD36 (D8L9T) Rabbit mAbの比較データ

利点:

  • 内在性レベルのCD36を高感度かつ特異的に検出でき、信頼性の高い実験結果が得られます
  • IHC-PとWBでの安定したパフォーマンス
  • ロット間の高い一貫性と再現性

抗体パフォーマンス:

IHC:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、他のCD36クローンよりも高い特異性と感度を有しています。

IHC:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、他のCD36クローンよりも高い特異性と感度を有しています。

CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347と2種の希釈率のCD36クローンFA6-152を用いた、パラフィン包埋したCD36陰性 (Jurkat) 細胞およびCD36陽性 (U-937) 細胞ペレットのIHC解析。

  • CSTのCD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、CD36陽性細胞においては期待通り膜を染色し、他方CD36陰性細胞は染色しませんでした。これにより、この抗体はCD36を認識することが示されました。
  • クローンFA6-152を、10 μg/mLの濃度で用いた場合、CD36陽性、陰性細胞の両方で、細胞質のみの染色 (非細胞膜) がみられ、CD36に特異的でないことが示されました。
  • クローンFA6-152を、2.5 μg/mLの濃度で用いた場合、CD36陰性細胞でごく弱い染色がみられました。CD36陽性細胞においてもシグナルが著しく低下し、膜の染色は観察されませんでした。

WB:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、クローンFA6-152よりも高い特異性で、内在性のCD36を検出します。

 WB:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、クローンFA6-152よりも高い特異性で、内在性のCD36を検出します。

CD36 (D8L9T) Rabbit mAb (上)、クローンFA6-152 (中)、β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (下) を用いた、様々な細胞株の抽出物のWB解析。CD36の発現は、THP-1細胞株をTPA #4174 (80 nM、16時間) で処理することで誘導しました。

  • CSTのCD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、CD36を発現することが知られているU-937とTHP-1細胞において、適切な分子量の範囲でバンドを検出します。さらに、TPA処理したTHP-1細胞で、より強いバンドが検出され、#14347はCD36に特異的で、内在性CD36の検出に十分な感度をもつことがわかりました。
  • 予想通り、#14347はRamos細胞やJurkat細胞ではCD36タンパク質を検出しませんでした。このことから、#14347はCD36に特異的であることが分かります。
  • クローンFA6-152は、CD36陽性、陰性細胞のどちらでもタンパク質を検出しないことから、クローンFA6-152が標準的な濃度では内在性のCD36を検出しないことをが分かります。

WB:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、クローンFA6-152よりも感度が高く、トランスフェクトされたCD36を特異的に検出します。

WB:CD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、クローンFA6-152よりも感度が高く、トランスフェクトされたCD36を特異的に検出します。

CD36 (D8L9T) Rabbit mAb (左) とクローンFA6-152 (右) を用いて、MOCKトランスフェクトした293T細胞 (-) のライセート10 μg、またはDDKタグが付いたヒトCD36の全長タンパク質を発現するコンストラクトをトランスフェクトした293T細胞 (hCD36-DDK; +) のライセート10、1、0.1 μgのWB解析。

  • CSTのCD36 (D8L9T) Rabbit mAb #14347は、CD36をトランストランスフェクションした細胞において、適切な分子量の範囲に、ライセート量に応じたシグナル強度のバンド検出しました。このことから、#14347はトランスフェクトされたCD36を特異的に、かつ異なるタンパク質量に感受性をもって検出することが分かります。
  • クローンFA6-152は、CST抗体#14347よりもかなり低い感度で、トランスフェクトされたCD36の微弱なバンドを検出しました。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink