ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

がんバイオマーカーガイド

バイオマーカーは、正常な生物学的プロセスや病態の指標として使用することができる内因性の分子です。特定のバイオマーカーの免疫組織化学的 (IHC) 検出を用いて疾患の発症や進行のメカニズムを調査するがん研究において、バイオマーカーは重要な役割を果たしています。がん研究でIHCを使用する主な利点は、腫瘍とその周辺のがん微小環境 (TME) を視覚的に把握できることであり、多くの場合、最適な治療介入の方法の決定に役立つ特徴的な知見が得られます。

IHCによるバイオマーカーの正確な検出には、特異性が高く、厳格に検証された抗体が必要です。CST®は、あらゆるアッセイにおける抗体の特異性、感度、機能を確認するための一連の補完的な戦略である、Hallmarks of Antibody Validation (抗体検証における戦略) を遵守しています。IHC用のバイオマーカー抗体の検証方法を慎重に調整することで、信頼できる結果を確保できます。このガイドでは、がん研究に最も重要なバイオマーカーを7つのカテゴリーに分類し、複数のバイオマーカーのタイプを並行して研究することの価値に重点を置き、がんに対する理解を深めていきます。

バイオマーカーのタイプ、組織や臓器タイプごとのがんバイオマーカーの特定には、左側のフィルターをクリックするか、バイオマーカーのタイプ、または組織/器官タイプによりがんバイオマーカーを検索するには、左のフィルターをクリックするか、免疫組織化学染色用がんバイオマーカーのeBookをご活用ください。

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink