ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
感染症とウイルス学

感染症は、ウイルス、真菌、細菌、寄生虫などの病原体の侵入によって発生します。ウイルスなどの病原体が宿主細胞に侵入して増殖すると、重要な細胞プロセスが撹乱されます。実際、ウイルス病原体のライフサイクルは、小胞輸送、抗ウイルス自然免疫応答、タンパク質の翻訳、細胞周期の調節など、宿主細胞の多くの生物学的側面を利用したり、制御を乱します。宿主生物は、適応免疫系や自然免疫系など、様々な方法を活用してウイルス感染に応答します。宿主の免疫応答の性質は、ウイルス性疾患の病因に重要な役割を果たすことがあります。免疫応答が弱い場合には感染症の重症度が増加し、逆に免疫応答が過剰な場合には有害な効果をもたらします。また、一部のウイルス病原体は、宿主の免疫応答を回避する戦略を進化させ、より効率的な増殖が可能になっています。デング熱、風邪、インフルエンザ、ジカ熱、HIV/AIDSなどの疾患の発症は、免疫応答の回避、免疫系の不具合、炎症などによって伝播します。Cell Signaling Technology (CST) では、感染の過程でウイルス病原体によって変化することが多い、主要なシグナル伝達タンパク質の翻訳後修飾を特異的に検出できる数々の抗体のユニークな製品ラインナップを提供しています。さらに、SARS-CoV-2などの病原体によって撹乱されることの多い宿主細胞の生物学的プロセスの解析にご利用いただける、高度に検証された総タンパク質抗体を幅広く提供しています。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink