ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
感染症とウイルス学

感染症は、ウイルス、真菌、細菌、寄生虫などの病原体の侵入によって発生します。ウイルスなどの病原体が宿主細胞に侵入して増殖すると、重要な細胞プロセスが撹乱されます。実際、ウイルス病原体のライフサイクルは、小胞輸送、抗ウイルス自然免疫応答、タンパク質の翻訳、細胞周期の調節など、宿主細胞の多くの生物学的側面を利用したり、制御を乱します。宿主生物は、免疫系の適応枝と自然枝を活用するなど、多くの方法でウイルス感染に対して反応します。この宿主の免疫応答の性質は、ウイルス性疾患の発症において重要な役割を果たすことができます。免疫応答が脆弱な場合、感染症の重症度が増すのに対し、その一方で免疫の過剰反応が有害な影響を及ぼす可能性もあります。さらに、一部のウイルス病原体は、宿主の免疫応答を回避するための戦略を進化させ、より効率的に増殖できるようになります。デング熱、通常の風邪、インフルエンザ、ジカ熱、HIV/AIDSなどの疾患の病原体は、免疫応答の回避、欠陥を伴う免疫システム、または炎症などによって伝播します。Cell Signaling Technology (CST) では、感染の過程でウイルス病原体によって変化することが多い、主要なシグナル伝達タンパク質の翻訳後修飾を特異的に検出できる数々の抗体のユニークな製品ラインアップを提供しています。また、SARS-CoV-2などの病原体によって阻害されることの多い宿主細胞の生物学的プロセスを研究するための高度に検証済みの総タンパク質抗体も幅広く提供しています。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink