ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

YAP - Hippoシグナル伝達経路のメディエーター

YAP (Yes-associated protein、YAP65) は、Hippo腫瘍抑制経路の主要なエフェクターとして機能する転写共役因子です。YAPを介するHippoシグナル伝達は、幹細胞と前駆細胞の増殖活性を調節するなどして、組織成長と器官サイズを制御します。YAPは潜在的ながん遺伝子のひとつで、その制御異常が腫瘍形成を誘導する可能性があり、様々な種類のヒト腫瘍でYAPの高発現性が報告されています。また、YAPが細胞の運命決定において重要な役割を担うことを示唆する研究報告もあります。既に報告されている上皮間葉転換を促進する能力に加え (1)、YAPは成熟した肝細胞から肝前駆細胞への脱分化を促進することが示されており、YAPとHippoシグナル伝達経路が組織再生においても重要な役割を果たすことが示唆されています (2)。

  1. Lamar JM, Stern P, Liu H, Schindler JW, Jiang ZG, Hynes RO (2012) The Hippo pathway target, YAP, promotes metastasis through its TEAD-interaction domain. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 109(37), E2441–50.
  2. Yimlamai D, Christodoulou C, Galli GG, Yanger K, Pepe-Mooney B, Gurung B, Shrestha K, Cahan P, Stanger BZ, Camargo FD (2014) Hippo pathway activity influences liver cell fate. Cell 157(6), 1324–38.

抗体性能の比較

CSTのYAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb ​#14074を他社の3つのYAP抗体と比較したところ、テストしたすべてのアプリケーションでCST抗体が同等以上の性能を示すことがわかりました。以下に示す、個々のアプリケーションにおける競合製品との比較データをご覧ください。

ウェスタンブロッティング

YAP陽性細胞 (A-204、A549、MCF7) とYAP陰性細胞 (RL-7) の細胞抽出物を、CSTのYAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074および他社3種の抗体を推奨濃度で用いて、ウェスタンブロットで解析しました。

#14074 YAPと他社製品との比較 (ウェスタンブロッティング)
  • YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb​ #14074​​は、YAPの陽性細胞ではYAPの適切な分子量にバンドを検出し、YAPの陰性細胞ではバンドが検出されませんでした。このことから、感度が高くYAPに特異的な抗体であることが分かります。
  • 他社抗体1は、YAPの強いシグナルを検出しますが、50 kDaのタンパク質への強い交差反応がみられ、必ずしもYAPに特異的ではないことが分かります。
  • 他社抗体2は、メーカー推奨の希釈率で弱いシグナルしか得られませんでした。
  • 他社抗体3は、YAPの陽性細胞と陰性細胞の両方で複数の分子量のバンドが見られ、YAPに特異的ではないことが分かります。

要約YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074は、他社抗体より優れた特異性と感度を示しました。

ウェスタンブロットでテストした抗体のうち、フローサイトメトリーでのアプリケーションが推奨されているものは、YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb# 14074と、他社抗体2 (ウサギモノクローナル抗体) のみです。YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074と他社抗体2を推奨希釈率で使用して、YAP陽性のA-204細胞 (緑) と YAP陰性のRL-7細胞 (青) の解析を行いました。#14074 YAPと他社製品とのフローサイトメトリー比較

  • YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074は、陽性細胞と陰性細胞の間で蛍光強度のピークがよく分離されており、YAPに高い特異性ををもつことが分かります。
  • 同じ測定条件で、他社抗体2はYAP陽性細胞で強いシグナルがみられましたが、YAP陰性細胞でも高いバックグランドがみられ、非特異的な反応性をもつことが分かります。

要約YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074は、他社抗体2よりも高い特異性を示しました。

細胞ペレット

YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074と他社 (2社) の抗体を用いて、YAP陽性細胞 (PANC-1) とYAP陰性細胞 (RL-7) の、パラフィン包埋細胞ペレットのIHC染色を行いました。

#14074 YAPポジティブおよびネガティブ細胞ペレットと他社製品とのIHC比較

  • CSTのYAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074では、YAP陽性細胞で細胞質と核に強い染色がみられ、YAP陰性細胞では染色がみられないことから、この抗体はYAPに特異的であることが分かります。
  • 他社抗体1でも、YAP陽性細胞で適切な染色がみられ、YAP陰性細胞で染色がみられませんでした。ただし、#14074は他社抗体1よりも使用濃度が低く、高感度に検出できることが分かります。
  • 抗体3は、4000​倍の希釈率でYAP陰性細胞で染色がみられることから、YAPへの特異的が低いことが分かります。8000希釈で用いることで、YAP陰性細胞の染色を抑えることができましたが、YAP陽性細胞の染色も大きく減少しました。#14074は抗体3よりも特異的かつ高感度であると言えます。

乳がん組織

YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb #14074をCST推奨濃度、他社マウスモノクローナル抗体を上記細胞ペレットのIHC解析で決定した最適濃度で用いて、パラフィン包埋乳がん組織のIHC染色を行いました。

#14074 YAP乳がんと他社製品とのIHC比較

  • CSTのYAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074は、パラフィン包埋乳がん組織を強く染色しました。
  • 他社抗体1は、10倍希釈で用いても非常に弱い染色しかみられませんでした。

要約:細胞ペレットとパラフィン包埋乳がん組織を用いたIHC解析の結果、YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074は他社抗体よりも優れた感度と特異性があることが実証されました。

YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074と他社 (2社) の抗体を用いて、MCF10A細胞とC2C12細胞のIF-IC解析を行いました。

MCF10Aヒト乳腺上皮細胞

#14074 YAP MCF10A細胞と他社抗体との比較 (IF - 免疫蛍光染色)

  • 他社抗体1では#14074と同等の特異性がみられますが、同等の蛍光強度を得るには高濃度で抗体を使用する必要があります。
  • 他社抗体3では、メーカー推奨希釈率で非常に弱い染色しかみられませんでした。

C2C12マウス筋芽細胞

#14074 YAP C2C12マウス細胞と他社抗体との比較 (IF - 免疫蛍光染色)

  • CSTのYAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074と他社抗体1は、核小体を染色することなくYAPを適切に染色しました。
  • 他社抗体3は、核を微弱に染色し、さらに核小体を強く染色しており、げっ歯類細胞モデルにおいてYAPへの特異的が低いことが分かります。

要約:YAP (D8H1X) XP®は、ヒトとマウス細胞で特異的ですが、他社抗体3はげっ歯類細胞で非特異的染色がみられました。YAP (D8H1X) XP® Rabbit mAb#14074は、他社抗体1よりも高い特異性を示します。また、他社抗体1はウェスタンブロットでみられたように50 kDaのタンパク質と強い交差性があり、このタンパク質が免疫蛍光染色でも同時に検出されている可能性があります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink