ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ウェビナー:AMPKとオートファジーシグナル伝達の新展開

ソーク研究所、ソークがんセンター・副所長、分子細胞生物学研究室のReuben Shaw教授によるウェビナー。

このウェビナーは以下の重要なポイントに触れています:

  • AMPKは生物の代謝のマスターレギュレーターです。
  • 新規のAMPK基質の同定および特性解析。
  • ULK1 (aka Atg1) は、オートファジーを引き起こすAMPKの重要な下流キナーゼです。
  • 潜在的がん治療法としてのULK1阻害剤。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink