ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Product Results

発生生物学と幹細胞

発生生物学と幹細胞

発生生物学の研究では、胚発生期の組織の成長や形成、組織の維持や創傷治癒に関与する幹細胞が注目を集めています。これらのメカニズムは、Wnt、Hedgehog、Hippo、Notch、TGF-βなどのシグナル伝達経路が協調することよって制御されています。これらの制御が破綻すると、がんの発生、増殖、転移の原因になることがあります。がん幹細胞 (CSC) は、腫瘍の発生、細胞増殖、転移、化学療法や放射線療法に対する抵抗性などに関与していると考えられています。CSCを研究することで、がんのメカニズムを解明し、新しい治療法を開発することができるかもしれません。Cell Signaling Technology (CST) は、正常な発生、がんの進行、その他の変性疾患などの根底にある発生シグナル伝達経路や基本的なメカニズムを解明するための検証済みの製品を幅広く取り揃えています。

発生生物学シグナル伝達

発生と細胞活動は、TGF-βやHippo、Wnt/β-catenin経路などの細胞シグナル伝達を介して調整される経路とメカニズムの、動的で複雑なネットワークによって制御されています。CSTは、複雑な生理的なシステムやがんの病態の発生を担うシグナル伝達経路を解明するための製品を、包括的に取り揃えています。

転写因子

転写因子は遺伝子発現を制御することで、幹細胞の制御や分化、発生や組織形成に関与します。弊社の広範囲な抗体カタログにより、転写因子の活性と細胞の発生制御における役割の解明が可能になります。

幹細胞と分化マーカー

幹細胞の多能性や自己複製の制御に加え、細胞分化のプロセスを理解することは、発生障害のほか、がんや糖尿病などの関連疾患を理解する上で重要です。CSTは、幹細胞集団に特異的なマーカーを検出し、免疫細胞化学染色などの技法で分化状態を確認するための、多様な製品カタログを提供しています。

多能性と分化のエピジェネティクス制御

遺伝子発現の活性化や抑制をするエピジェネティクス修飾が幹細胞の多能性や分化能の維持に重要です。CSTは表現型や細胞構造に影響を与えるエピジェネティクスの制御や変化を解明するための抗体を包括的に取り揃えています。

増殖因子

増殖因子は幹細胞の発生と分化を誘導し、特定の細胞系譜への方向付けを行います。CSTは分化や増殖における増殖因子の協調作用の解明と特性解析を行うための高品質な抗体を提供しています。

発生生物学

CSTは正常な発生や疾患に関与するシグナル伝達経路の活性を測定する、厳密に検証されたELISAアッセイキットを提供しています。

詳細を表示する
# 製品名 アプリケーション 交差性
All
All
All
All
H, M, R, Mk
H, M, R
H, M, R
H, M, R
H, M, R, Mk
M
H
H, M
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk
H
H
H
H
H, M, R, Mk
H, Mk
H, M, R, Mk
H, M
Results per page:
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink