ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Product Results

エピジェネティクス

エピジェネティクス

エピジェネティクスは、DNA配列変化を伴わない、生物の遺伝的表現型の変化の研究と定義されています。すなわち、遺伝子発現の遺伝的変化を制御するDNA修飾やヒストン修飾、クロマチン制御タンパク質の研究が、エピジェネティクスに含まれます。疾患のエピジェネティックドライバーの理解は、がんのほか、代謝疾患、神経疾患、炎症性疾患、心血管疾患の一部などでみられる転写異常の検出と防止のために非常に重要です。細胞や組織におけるエピジェネティクス変化を調べることができれば、疾患や、正常な機能や発生の原因となるメカニズムの知見が得られる可能性があります。この目標のためCell Signaling Technology (CST) は、多様な製品カタログやエピジェネティクスアッセイ、PhosphoSitePlus®データベースなどのリソース等、包括的なプラットフォームを提供しています。

DNAのメチル化

DNAのメチル化は、染色体の不活性化や加齢、がんなどに関与する多くの細胞プロセスに関連した、非常に重要なエピジェティクス修飾です。ほとんど全てのタイプのがんでDNAのメチル化異常がみられ、グローバルな低メチル化と、遺伝子のエンハンサーやプロモーターにおける局所的な高メチル化が起こります。CSTはDNAのメチル化に関連した多様なアプリケーションに対応した検証済み抗体を広範囲の製品カタログから提供し、お客様の探索研究を支援します。

ヒストンとヒストン修飾

アセチル化、リン酸化、メチル化、ユビキチン化など、ヒストンの翻訳後修飾 (PTM) は、遺伝子発現やゲノム構造、細胞分裂、DNA損傷応答などに影響を与えます。ChIPやCUT&RUNで検証済みの抗体など、弊社の修飾特異的なヒストン抗体は、増加し続けるヒストンPTMの既知レパートリーの機能や相互作用の解明を可能にします。

ヒストン修飾:ライター、リーダー、イレイサー

ヒストンと相互作用するライターやリーダー、イレーサーは、クロマチン上のエピジェネティクス修飾の修正や認識を行います。これら3つのクラスのタンパク質の関係性の理解は、正常な細胞や疾患における細胞の遺伝子発現やゲノム構成を制御するメカニズムを解明するために重要です。CSTは、ユビチキン化、アセチル化、リン酸化、メチル化などの修飾の書き込みや読み取り、消去の動的プロセスを捉える、多様な製品を提供しています。

ATP依存性クロマチンリモデリング

ATP依存性クロマチンリモデリング因子によるクロマチン構造の調節は、遺伝子発現やゲノム修復機構、細胞増殖、分化、細胞周期などに影響を与え、これらの重要な因子が損なわれることが疾患の原因となる可能性があります。遺伝子発現や分化に重要な役割を果たしているATP依存性クロマチンリモデリング複合体が、BAF (BRG1-associated factor) 複合体で、がんで高頻度に変異がみられます。CSTは、BAF複合体やその他クロマチンリモデリング複合体に関連するChIP検証済み抗体や、免疫組織化学染色 (IHC) 用抗体など、疾患のメカニズムの理解を深めるための多様な製品を提供しています。

核内受容体

核内受容体は従来のリガンド受容体として機能するのみならず、DNAに直接結合して遺伝子発現を制御し、がんや自己免疫疾患の病態に重要な役割を果たしています。CSTは、核内受容体と標的遺伝子の関係を調べるための、信頼性の高いChIP検証済み製品や免疫組織化学染色 (IHC) 関連製品を幅広く取り揃えています。

転写機構

多くのがん、自己免疫疾患、代謝性疾患、心血管疾患などには、転写機構 (転写装置) の構成因子の変異や変化によって転写制御の異常が起こるという特徴があります。弊社は、遺伝子の活性化と転写機構の間の制御シグナルについて新たな知見を得るためのツールを提供しています。

核の構造

腫瘍の病理学的病期とエピジェネティクス変化は、細胞核の形態変化から見て取ることができます。したがって、このような構造変化や再編成を可視化する抗体の信頼性や精度は非常に重要です。CSTは、がんの進行の理解を深めるために核の構造を評価する場合に、信頼性の高い結果が得られる多様な検証済み抗体を取り揃えています。

染色体の接着と凝縮

ゲノムの安定性とDNA修復は染色体の接着と凝集によって促進され、これらのプロセスが損なわれるとがんなどの疾患の原因となる可能性があります。改善された治療法を開発するために、ゲノムの安定性異常のメカニズムを理解する必要があります。CSTは検証済み製品カタログで、ゲノムの安定性と多様性の適切なバランスを研究するお客様をサポートします。

Antibody Samplerキット

専門知識を備えた弊社の科学者が、エピジェネティクス研究で信頼性の高いデータを得られるSamplerキットを熟考してキュレーションを行いました。CSTのSamplerキットにより、メチル化されたHistone H3、リン酸化されたRNA polymerase II、BAF複合体、DNAのメチル化制御因子など、様々なエピジェネティックマークや制御因子を経済的に評価する選択肢が生まれます。

アッセイとキット

CSTは、遺伝子発現やゲノム構造を制御する複雑なエピジェネティクスのメカニズムを解明するため、SimpleChIP®アッセイキットやCUT&RUNアッセイキットのほか、ゲノム全体のタンパク質-DNA相互作用を検出するワークフローで用いる試薬や、健常状態と疾患状態のエピジェネティクス修飾やその制御因子の発現を測定するELISAキットなどを提供しています。エピジェネティクス疾患を治療する薬剤のメカニズムを研究する場合には、弊社と協力してお客様の実験ニーズに最適なアッセイやキットを見つけてください。

詳細を表示する
# 製品名 アプリケーション 交差性
All
All
All
All
H, M, R, Mk
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H, M, R, Mk
H, Mk
H, M, R, Mk
H, M
H, M
H
H, M, Mk
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk
Results per page:
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink