ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Product Results

線維症

線維症

線維症は臓器機能障害、疾病の罹患、死亡の原因となる、慢性炎症に対する病原性反応で、細胞外マトリクス (ECM) の過剰な沈着や組織の硬化などがみられます。感染症、自己免疫反応、毒素、放射線、機械的損傷などの様々な刺激が線維症を引き起こす原因となります。残念ながら、線維症の原因となるメカニズムは十分には理解されておらず、この疾患を効果的に治療するための大きな課題となっています。Cell Signaling Technology (CST) と弊社の専門知識を備えた科学者が、高品質で検証済みの抗体や製品を提供し、お客様の線維症研究をサポートします。

線維症におけるシグナル伝達経路に関する抗体

治療薬を開発する場合には、筋線維芽細胞などの線維性細胞の活性化と維持に寄与するシグナル伝達経路を理解することが重要です。CSTは、お客様のディスカバリー研究をサポートする、主要な繊維症経路を精査する様々な検証済み抗体を提供しています。

線維症における代謝に関する抗体

様々なタイプの臓器の繊維症に代謝の変化が関与しています。Cell Signaling Technology (CST) は、繊維症の代謝を標的とした新たな治療法の発見や開発を前進させる、多様な検証済み抗体を提供しています。

線維症における免疫応答に関する抗体

炎症と繊維症は互いに深く結びついた関係にあり、重複するメカニズムが多くありますが、その相互作用はよく分かっていません。CSTは、繊維症の発症を免疫学的に解明する研究を支援する、様々な抗体を提供しています。

細胞外マトリクスタンパク質に関する抗体

細胞外マトリクス (ECM) は正常な組織や細胞の機能に不可欠で、分化や代謝、増殖などに寄与しますが、過剰な蓄積は繊維症の進行を促進します。CSTはECMタンパク質の理解を深め、繊維症研究のサポートする多様な検証済み抗体のカタログを提供しています。

線維症における細胞死に関する抗体

繊維症の発症や進行、治癒といったいくつかの段階に、細胞死が関与するという証拠が増えています。CSTは細胞死や繊維症の基盤となるメカニズムを測定する、信頼性の高い検証済みの抗体を提供しています。

線維症におけるがんの微小環境に関する抗体

がん微小環境 (TME: Tumor microenvironment) における繊維化組織は、がんの進行や生存、転移をサポートします。CSTはTMEの構造を調べるための、多様な抗体を取り揃えています。

細胞骨格タンパク質に関する抗体

繊維症において、線維芽細胞が活性化して筋繊維芽細胞になる場合に、細胞骨格の変化がみられます。活性化した線維芽細胞はα-smooth actinを発現し、過剰なCollagenやFibronectinなどをECMに沈着させる特徴があります。CSTが提供する検証済みの信頼性の高い抗体を用いて、繊維症を促進する細胞の基盤的な変化に関与するタンパク質を調べることができます。

アッセイとキット

コラーゲンの量やシグナル伝達分子を測定して繊維化の活性を評価することで、新規治療標的の発見を前進させる重要な情報を得ることができます。CSTはタンパク質の発現やシグナル伝達の変化を測定する、信頼性が高く時間の節約になるアッセイを提供しており、繊維症疾患のディスカバリー研究の前進をサポートします。

詳細を表示する
# 製品名 アプリケーション 交差性
H
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk
H
H
H
H
H
H, M, R
H
H, M, R, Mk
H, M, R, Hm, Mk
H, M, R, Mk
H, M, R
H, M, R
H, M, R
H, M, R
H, M, R, Hm, Mk, Dg
H, M, R, Mk, Z
H, M, R, Hm, Mk, Mi, Dm, Z, B
H, M, R, Mk, B, Pg
H, M, R, Mk
H, M, R
H, M, R
Results per page:
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink