ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Product Results

神経科学

神経科学

脳と神経系の機構や機能の理解は、アルツハイマー病 (AD)、パーキンソン病 (PD)、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) などの重大な神経変性疾患の病因を解明するために不可欠です。ニューロン、ミクログリア、オリゴデンドロサイト、アストロサイトなど、脳に存在する細胞の構造や機能が関与する分子イベントや細胞イベントなど、神経変性疾患を引き起こすメカニズムの解明に、Cell Signaling Technology (CST) の検証済み抗体をご利用ください。

神経変性の特性

神経変性の特性として、タンパク質の折り畳みと凝集、神経炎症、老化の誘導、細胞シグナル伝達の変化、エピジェネティクスの変化、代謝の変化が挙げられます。Cell Signaling Technology (CST) は、神経変性のマーカーに対する様々な検証済み抗体をご提供しており、これらを用いて疾患の進行を理解するための高品質な神経病理学的データを得ることができます。

神経変性疾患

神経変性疾患のバイオマーカーや治療標的の候補を明らかにする機能的研究の主流は遺伝学的アプローチです。脳内のタンパク質の凝集は多くの神経変性疾患に共通する特徴であり、神経疾患の発症に重要な役割を果たしていると考えられています。弊社の専門知識を備えた科学者と多様な抗体カタログが、Amyloid βの細胞外沈着物 (老人斑) やTauの濃縮体 (神経原線維変化) など、凝集に関与するタンパク質の同定をサポートします。

細胞タイプのマーカー

中枢神経系と抹消神経系はいくつかのタイプの細胞の取り合わせで構成されており、これらが発生、成体のニューロン新生、神経変性疾患の発症などにおいて様々な機能を持ちます。CSTは、多くのタイプのニューロンやグリア細胞を特定し、脳の複雑な細胞特性を明らかにする抗体を、複数の宿主で開発、検証してきました。このため、これらはマルチプレックスによるハイスループットな解析に利用できる可能性があります。

神経機能

適切な抗体を用いることで、神経機能に関与する小胞輸送やシナプス伝達、細胞の挙動などの詳細な情報を得ることができます。CSTは、免疫組織化学染色 (IHC) や免疫蛍光染色 (IF) の技術を利用して、空間情報、シナプス伝達や可塑性の情報が得られる多様な検証済み抗体を取り揃えています。

神経科学のためのAnribody Samplerキット

神経学的経路の評価は複雑で、一般的に様々な表現型の評価法が利用されます。CSTは、ウェスタンブロットやその他のアッセイで疾患に関連する項目を評価できる様々なAntibody Samplerキットをご提供しており、お客様の神経学的研究をサポートします。

神経科学のためのアッセイとキット

CSTは、神経発生、神経機能、シナプスのシグナル伝達、バイオマーカー、神経変性、その他神経病理における標的の発見を支援する、多様なアッセイやキットをご提供しています。信頼性の高いアッセイやキットを選択することで、実験を簡略化し、神経系の制御に関与する様々なメカニズムのデータの解析に、より多くの時間を費やすことができます。

神経科学のための標識抗体

高品質な標識抗体を用いて神経機能や発生を可視化し、正常な神経機能や神経疾患に関する知見を得ることができます。弊社の多様な標識抗体のカタログから、お客様の神経学的研究で表現型情報を得るのに最適な、蛍光色素標識抗体 (イメージング用) やビオチン標識抗体 (アッセイ開発用) などを選択していただくことができます。

詳細を表示する
# 製品名 アプリケーション 交差性
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk, B, Pg
H, M, R
H, M, R, Mk, Pg
H, M, R, Mk, Dm
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk
H, Mk
H, Mk
H, M, R, Mk
H, Mk
H, M, R, Mk
H, M, R, Mk, B
H, M, R
H
All
All
All
All
H
H, Mk
H
H, Mk
H, Mk
H, R
H, Mk
H
Results per page:
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink