ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

共通する多能性マーカー

多能性は、あらゆる種類の細胞に分化できる細胞の能力のことをいいます。個人の細胞から多能性を誘導する方法は、発生生物学研究および疾患研究に有益なツールとなり、究極的には、個別化幹細胞治療に応用できる可能性があります。Cell Signaling Technology (CST) は、幹細胞および細胞系列マーカーの包括的な製品群を提供しています。CST™抗体は、社内の専門家チームにより適切なアプリケーションでの使用が広範囲に検証されており、製品ごとの検証データがオンラインで提供されています。そして、お客様が実験についての相談相手を必要とされる場合には、CSTのテクニカルサポートの科学者に相談することができます。

再プログラミング因子のキー: OOct4, K—Klf4, SSox2, Mc-Myc, E—Esrrb, Nr—Nr5a2, CC/EBPα, LLin28, NNanog

動物種 細胞タイプ 再プログラミング因子 参考文献:
マウス 線維芽細胞 OKSM, OKS, OSE, KSNr Takahashi & Yamanaka 2006
成熟B細胞と成熟T細胞 OKSMC, OKSM Hanna et al. 2008; Eminli et al. 2009
骨髄球系前駆細胞 OKSM Eminli et al. 2009
造血幹細胞 OKSM Eminli et al. 2009
脂肪由来幹細胞 OKSM Sugii et al. 2010
真皮乳頭 OKM, OK Tsai et al. 2010
衛星細胞 OKSM Tan et al. 2011
膵β-細胞 OKSM Stadtfeld et al. 2008
肝内胚葉 OKS Aoi et al. 2008
神経幹細胞 OK Kim et al. 2008; Kim et al. 2009
メラノサイト OKM Utikal et al. 2009
ヒト 線維芽細胞 OKSM, OSLN, OKS Takahashi et al. 2007; Yu et al. 2007; Nakagawa et al. 2008
動員末梢血 OKSM Loh et al. 2009
臍帯血内皮 OSLN Haase et al. 2009
臍帯血幹細胞 OKSM, OS Eminli et al. 2009; Giorgetti et al. 2009
脂肪由来幹細胞 OKSM, OKS Sugii et al. 2010; Aoki et al. 2010
肝細胞 OKSM Liu et al. 2010
ケラチノサイト OKSM, OKS Aasen et al. 2008
神経幹細胞 O Kim et al. 2009
膵β-細胞 OKSM Bar-Nur et al. 2011
羊膜細胞 OKSM, OSN Li et al. 2009; Zhao et al. 2010

Stadtfeld、Hochedlingerらの表から改変 (2011)

マウスiPS細胞の免疫蛍光染色

共通する多能性マーカー 出典:Walsh、 BeckerおよびHochedlinger (2011)
Oct-4
正常発生時、未分化の多能性胚性幹細胞および胚性生殖細胞で発現する転写因子。Sox2とNanogはともに、多能性の維持に必要です。
Sox2
発生時、未分化の多能性胚性幹細胞および胚性生殖細胞で発現する転写因子。Oct-4とNanogはともに、多能性の維持に必要です。
Nanog
ホメオドメインを有する転写因子は、胚性幹細胞における多能性および自己複製能の維持に必須です。発現は、Sox2や重要な多能性制御因子Oct-4を含む因子群のネットワークにより制御されます。
KLF4
Zinc-fingerを有する転写因子であるKrüppel-like factor 4 (KLF4):ヒトおよびマウスES細胞の作成に用いられます。
TRA-1-60/TRA-1-81/TRA-2-54
ヒト幹細胞、奇形腫、および胚性生殖細胞の細胞表面に存在します。
SSEA1
マウスの胎児性がん、胚性幹細胞、および胚性生殖細胞の細胞表面に発現し、ヒトでは生殖細胞でのみ発現するラクトシリーズオリゴ糖。ヒト細胞のSSEA1の発現は分化の過程で増加しますが、マウス細胞ではむしろ発現が減少します。
SSEA4
ヒト奇形腫幹細胞、胚性生殖細胞、および胚性幹細胞の細胞表面に発現する糖脂質糖。ヒトSSEA4の発現はヒト胎児性がん細胞の分化後に減少しますが、マウス細胞ではむしろ分化後に増加します。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink