ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

CUEタンパク質ドメイン

ユビキチン結合:CUEドメイン

ユビキチン () に結合した酵母Cue2タンパク質のCUEドメイン

ドメイン結合および機能

CUEドメインは、酵母のCue1 (coupling of ubiquitin to ER degradation) とヒトのTollipタンパク質の相同領域として報告されました。このドメインは約40アミノ酸残基の長さを持ち、小胞体におけるミスフォールディングタンパク質の分解やタンパク質識別など、さまざまな機能を持つタンパク質で見出されています。CUEドメインは、モノユビキチンとポリユビキチンの両方に結合することが示されていますが、いくつかのCUEドメインを含むタンパク質はそれ自身がCUEドメイン依存性にユビキチン化されます。

構造

CUEドメインは、ユビキチンに結合するUBAドメインの関連構造で、3本のヘリックスの束から構成されています。α-helix 1中の保存されたMFPモチーフと、α−helix 3中のLLモチーフは、保存されたユビキチンの疎水性パッチと相互作用します。またCUEには、ユビキチンとより高い親和性をもつドメイン交換二量体が存在することが報告されています。

構造の参考文献

  1. Kang, R.S et al. (2003) Cell 113(5), 621–630

ドメインタンパク質の例

ユビキチン結合:CUEドメイン

結合の例

CUEドメインのパートナー 結合パートナー
Vps9 モノユビキチンとポリユビキチン
Cue1 モノユビキチンとポリユビキチン
Tollip モノユビキチン (ポリユビキチンはテストされていません)
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink