ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

EF-Handタンパク質ドメイン

カルシウム結合:EF-Handドメイン

キイロショウジョウバエCalmodulinのEF-Handドメイン。カルシウム原子はで表示されています。

ドメイン結合および機能

EF-handモチーフは、約40アミノ酸残基から成り、細胞内カルシウムの結合に関与しています。EF-handドメインはしばしば1つまたは複数の対をなして存在し、それがEF-handモチーフを含むタンパク質に様々な構造上・機能上の多様性をもたらしています。EF-handを含むタンパク質は機能的に2つの区分、すなわち調節的グループと構造的グループに分類することができます。カルシウムが調節的なEF-handドメインを含むタンパク質に結合すると立体構造の変化をもたらし、それがしばしば酵素反応を伴いながら標的タンパク質に伝達されます。これと対照的に、カルシウムが構造的なEF-handドメインを含むタンパク質に結合しても、特に立体構造の変化は起こしません。構造的なEF-handドメインは、おそらく細胞内カルシウム量を緩衝する役割を持ちます。

構造の参考文献

  1. Taylor, D.A. et al. (1991) J. Biol. Chem. 266(32), 21375–80.

ドメインタンパク質の例

カルシウム結合:EF-Handドメイン

結合の例

EF-Handドメインタンパク質 結合パートナー 機能
Calmodulin Ca2+ 調節タンパク質
S-100 Ca2+ 調節タンパク質
Recoverin Ca2+ 調節タンパク質
Calbindin Ca2+ 構造タンパク質
Parvalbumin Ca2+ 構造タンパク質
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink